東京にいたころ、よく鎌倉に行きました。とてもいい街ですよね。著名人が住みたくなる理由が、庶民のわたしにもわかります。お上りさんが来るたびに案内しました。母、兄、友達。
この前、TVで料理研究家の辰巳芳子先生の家が出てきました。家のなかも素敵ですが、裏山に続く庭がいいなー。大きな木々に囲まれて、季節の花が咲いてて、小さな畑があって。
で、母と行ったときのことを思い出しました。母が「銭洗い弁天に行きたい」と言って、ふたりで切通しの道を歩いて行きました。石原さんの家もありました。当然、高い塀に囲まれて中の様子はわかりませんが。
弁天さまについて、母は千円札を数枚洗いました。なんだか、リッチになった気分だね、と笑いました。
ところが、我が家に帰った母は、なんと、その有難いお札を洗濯してしまったんですよ。あら−、せっかくのご利益が洗剤できれいに流されました。
だから、御金に縁がないのね、というと、「住むところにも、食べるものにもたいして困らない。これが何よりのご利益よ」と、言います。負けず嫌いは、祖母譲りの血筋ですね。
でも、ほんとにそうかもしれません。平和で、健康で住むところがあって、そんなに贅沢しなければ食べ物にも事欠かない。これ以上のことは、ありません。
弁天様、ありがとう。モデル体重になるには